MENU

防風通聖散を飲んで下痢状の便が出るのは効いている証拠

防風通聖散を服用中の人からよく聞かれるのが、便が下痢状となって出てくるようになったという状態です。

 

もともと防風通聖散の効果には、脂肪の減少だけでなく「お通じの改善」についても効果があると記載されていますので、便秘の状態を改善する効果のひとつとして下痢に至ると考えて良いでしょう。

 

お腹の中にたまった便が大腸に滞留した状態のままでは身体に良くない影響を与えますので、出し切るということが重要です。

 

便秘気味の人で大腸内に溜まっている便の質量をはかると、2キログラムから3キログラム分というケースも少なくありません。

 

つまりそれを出し切ることによって体重もその分が減少するということになります。

 

防風通聖散は漢方薬であるため、効きについては少しずつ継続的に出てくることが多い医薬品です。

 

そのため便秘気味であった人であればしばらくの間は下痢状の便が出てくることが考えられます。しかし徐々に体が慣れ、体内に溜まった便が解消すると次第に元の状態に戻ってくると見て良いでしょう。

 

この効果のために、特に便秘気味であった人の中には最初からとても大きなダイエット効果があると感動する場合もあります。

 

その後も継続して服用することにより体内の脂肪分の燃焼が促進されますので、軽めの有酸素運動の継続とともに服用するのがおすすめです。

 

 

防風通聖散と生漢煎の口コミや、一番安い買い方をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

防風通聖散と生漢煎の口コミ