MENU

一般的な防風通聖散の飲み方は食前もしくは食間に

防風通聖散は、健康体の人でお腹の脂肪が気になる人に適している漢方薬です。

 

新陳代謝を促進することや、胃腸の動きを円滑にさせることで、痩せる効果があります。

 

高血圧や肥満に関係している便秘、のぼせの緩和にも効果的とされており、多くのメーカーが独自の親しみやすい名称で防風通聖散を販売しています。

 

服用による効果の実感が大きいこともあり特に中高年の方からの人気が高く、これからもその人気は継続していくものと見られています。

 

漢方薬ですので匂いにややクセがあるのも特徴ですが、製薬会社によってはコーティングを施すなどして飲みやすくしている製品もあります。

 

逆にあえてそのままの状態で漢方薬の特徴を打ち出すスタンスの製品もありますので、お好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。

 

飲み方は各製品の添付文書のとおりにすることが原則ですが、一般的には「食前」「食間」に服用するのが正しい飲み方となっています。

 

風邪薬のように食後に飲むのではなく、食事をする前に防風通聖散を飲むのが効果的です。

 

飲み方は水もしくはぬるま湯が原則です。錠剤タイプであっても粉末タイプであっても基本的に飲み方は変わりません。

 

また、即効性のある薬品とは異なり継続して飲むことが重要な漢方薬ですから、効果を実感するまで指定された飲み方を継続しましょう。

 

 

防風通聖散と生漢煎の口コミや、一番安い買い方をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

防風通聖散と生漢煎の口コミ